株への投資は現状の把握が最も大事

株への投資をする際には、現状を正確に把握することが最も大事です。過去を分析することも必要なことの一つですが、自分の過去の状態を分析することには意味がなく、相場全体の現状を把握することが必要となります。なぜかというと、相場は非常に大きく、投資額の小さい投資家の行動はほぼ誤差として無視されるからです。そのため、一人の投資家の過去の投資行動は相場に影響を与えない、あるいは与えたとしても非常に小さいと考えておかなければなりません。

例えば、ある人が100万円をある銘柄に投資したとしましょう。100万円というと個人にとってはそこそこまとまった資金ですが、マーケット全体から見ればごく小さい金額でしかありません。ですから、これくらいならマーケットに与える影響は非常に小さいと言えるでしょう。そして、株価が上昇し、120万円になる可能性はあります。あるいは80万円にまで下落する可能性もあります。ある人が買ったとして、その人は含み益を抱えていたり含み損を抱えていたりするわけですが、相場全体としてみればそれは関係がありません。

買った株式の価値が半分になったから、そろそろ上昇に転じるのではないかと、このように考えるかも知れませんが、100万円程度の少額の投資しかしていない投資家の損失とは関係なく相場は動くという点に注意が必要です。負けが続くと、それを取り戻そうと考えてしまうものなのですが、取り戻すためにがんばったからといって勝てるものではありません。常に冷静に現状を把握して、もしも下落する可能性があるのなら、どれだけ損失が発生していても売るべきでしょうし、まだ上昇する可能性があるなら利益が出ていても持ち続けるべきでしょう。

株を初めてやろうと考えている方におすすめなのが株取引のシミュレーションゲームです。バーチャル株投資で、株についてリスクなく実戦と同じように学ぶことが可能です。それではバーチャル株取引についてご紹介いたします。