新規公開株の支払い時期と初値売りについて

新規公開株とは証券取引所に上場することになっている株のことをいい、上場前に投資家に売りだします。証券会社が上場までの調整を行い、基本的には複数の証券会社が担当し、中心となる証券会社が主幹事、そのほかの証券会社が副幹事や幹事となります。
新規上場株の価格は企業価値、将来性などから決められます。基本的には新規公開株の価格は上場後の初値以下になるように設定するため、投資家にとっては新規公開株は人気があり、だいたいが抽選となります。抽選といっても容易には当確することはできませんが、主幹事の証券会社は他の証券会社より取扱量が多いので、当確になる確率が高いといえます。
新規公開株の購入までの流れとしては購入価格と株数を期日までに証券会社に申し込みます。購入価格は下限と上限があり、購入意思が強ければ上限金額で申し込みます。申込期日になると購入価格が高い投資家が選ばれますが、売り出し数よりも多ければ抽選となります。
抽選の結果、当選すれば購入することができ、補欠当選であれば、当選しても購入意思がない投資家がいれば、当選になることがあります。当選もしくは補欠当選になったときに、購入する意思があるかどうか確認します。そのときに購入意思があれば、購入価格を払います。基本的には補欠当選でも購入金額を払い、当選しなければ、払い戻しとなります。
そして、上場日に証券取引所で売ることができます。取引開始直後に初値がつくケースは稀で、初値で売却したい場合は成行売り注文すれば確実に初値売りができます。ただし、人気のある銘柄になると、上場日に初値がつかないこともあります。成行売りは当日の注文のみですので、翌営業日も成行売り注文をしなければいけません。

株を初めてやろうと考えている方におすすめなのが株取引のシミュレーションゲームです。バーチャル株投資で、株についてリスクなく実戦と同じように学ぶことが可能です。それではバーチャル株取引についてご紹介いたします。